Loading…

抜歯が必要なのはいったいどんなとき?🦷

Posted by hhshika on 30.2019 スタッフ日記   0 comments   0 trackback
抜歯をするのは、歯科医師にとっても気が重いもの。
それでもあえてご提案するのは、『抜くことによって患者さんを守る』
という明確な目的があるからなのです。

理由その1
むし歯や歯周病で、治療するには手遅れ。
⚫︎歯のなかにたまった膿が周りの骨にもおよび、
根っこを掃除したり手術をしても救えない重篤なむし歯。
歯を支える骨が修復不可能なほど壊れている。
⚫︎重篤な歯周病になった歯。

理由その2
隣の歯や周りの骨に悪影響がある。
⚫︎その歯を残すと、周りの歯や骨に悪影響があるとき。
横向きに隣の歯を押す親知らずや、大きく縦に割れた歯などは、
そのままにしておくと被害が周囲に拡大してしまいます。

理由その3
炎症の根本原因を除去するために。
⚫︎むし歯や歯周病の炎症が原因で、口やあごの骨、
さらには全身に影響がおよぶとき。治療しても繰り返し腫れる場合などに、
炎症の原因を取り去るための最終手段として行います。

理由その4
矯正や入れ歯などの治療のために。
⚫︎矯正、入れ歯や被せ物、インプラントなど、ご希望の治療の結果がより安定し、
良い状態が長くもつように戦略的に行います。慎重に治療計画を検討したうえで選択します。

理由その5
粘膜を傷つけないために。
⚫︎噛んで食べようとする粘膜にあたり痛くて噛まないようなときや、粘膜にあたり痛くて
噛めないようなときや、粘膜にできた悪性腫瘍とこすれて刺激してしまうような場合、
抜いてケガや刺激の繰り返しを防止します。

主に、このようなときに、抜歯の治療を行うことになります。
次回は、抜歯前の注意事項、抜歯後の注意点についてお伝えします。

受付の福井でした☻

20190730214045a8d.jpeg


土用の丑の日

Posted by hhshika on 28.2019 スタッフ日記   0 comments   0 trackback
こんにちは!
受付助手の馬渡です

昨日は「土用の丑の日」でしたね。
鰻を食べたという人も多いのではないでしょうか?

「土用」は立夏・立秋・立冬・立春直前の約18日間の「期間」を示す言葉で、昔の暦では日にちを十二支で数えていました。
土用の丑の日”とは、土用の期間におとずれる丑の日の事を指しているそうです。

万葉集にも、
「石麻呂に吾れもの申す夏痩せに
よしといふものぞむなぎとり召せ
大伴家持」

夏痩せにはむなぎ(ウナギ)を食べると良いと石麻呂という人に勧めている歌があるほど、
昔から体調を崩しやすい夏には
ウナギを食べて栄養をたっぷり摂ろうという考えがありました。

実際、ウナギにはビタミンAやビタミンB群など、
疲労回復や食欲増進に効果的な成分が多く含まれています。

ウナギ以外にも「う」のつく食べものがよいといわれています。
うどん・ウリ・梅干し・馬肉(ウマ)・牛肉(ウシ)…

栄養価の高いものや、食欲がなくても食べやすいものを食べて
暑い夏を乗り切っていきましょう!

fish_unagi2.png

朝まで お口チャック

Posted by hhshika on 24.2019 セミナー   0 comments   0 trackback
こんにちは 衛生士 村下です。

先日、 研修会に 参加させていただきました。

生まれ変わったら 衛生士さんに なりたい 内科医の
西田亙先生の お話を聞いてきました。

糖尿病内科医の 西田先生の お話は とても わかりやすく 腑に落ちるお話が 沢山でした。

印象的な 言葉は
歯ブラシ、フロスで お口の中を スッキリして
朝まで お口チャックです!!と

夜食を 我慢しましょう。

そうすれば、 血糖値は 下がるし、朝 スッキリした、状態で 目覚めを 迎えられます!と
お話ありました。

夜遅い食事が 糖尿病を 引き起こす。食べる時間ぎ大切ということでした。

実際西田先生も これを実践された事で、 お口の中の状態も良くなり、 体重も 減少 すらっとした
お体でした。


これには とても 納得。

まず 自分から 実践してみたいと おもってます。

お口は 体の入り口です。
綺麗にする事で 全身にも とても 良い効果をもたらすと 思いますので みんなで
歯磨き、フロスの後は
朝まで お口チャックを してみませんか?
201907290825174db.jpeg
<

今が旬❗️

Posted by hhshika on 17.2019 スタッフ日記   0 comments   0 trackback
みなさん、こんにちは!
衛生士の島田です。

今回は初夏を感じる食材!
旬の「とうもろこし」の効能について薬膳的視点で
お話したいと思います。
旬の野菜には旬の時期に食べる理由があります。

1.むくみの改善
水の代謝を良くしてくれます。
この時期は湿度が高く体の水分蒸散が上手くいかないので
体内の水分が滞りがちになるのです。

2.胃腸の改善
胃の機能を補って元気のもと『気』を作る働きがあり、
さらに食物繊維が穏やかに便通を改善してくれます。

3.とうもろこしのひげにも注目!
とうもろこしの実の部分よりも高いむくみ改善があります。
とうもろこしの実、芯、ひげを入れてお米を炊くと美味しいですよ!

4.夏野菜なのに身体を冷やさない!
体を冷やす性質をもつ涼性〜寒性の夏野菜が多い中、
とうもろこし は「平性」なのです。

とうもろこしは美容にも初夏の不調にも役立つ効能が
たくさんあります!
普段の食事に取り入れてみてはいかがでしょうか。

ひみつカレー🍛

Posted by hhshika on 16.2019 スタッフ日記   0 comments   0 trackback
みなさまこんにちは🌞
受付の山崎です‼︎

7月に入りましたが
まだ梅雨のジメッとした感じ
続きそうですね🐸

早く夏らしくなってほしいなと思います☀️

そんな夏に食べたくなる?のが
カレー🍛と言われていますが‼️
最近山崎も何かとカレーを
食べる機会が多かったので
オススメのお店を1つ✨

富山市古沢にオープンした
ひみつカレー

2019071614121133a.jpeg


元々は氷見市内でこっそりと
営業していたそうです🍛
また県内のカフェなどで
こっそりテイクアウトのみの
販売もしていたようです

小さくこじんまりとした
テイクアウトオンリーのお店ですが
数種類のカレーとサラダの販売🥗

辛さは種類によって決まっていましたが
辛いのが苦手なお子様から
スパイシーなのがお好きな方まで
選ぶことができそうです💡

少しわかりにくい立地かも知れませんが
近くまで行かれた際には
ぜひ一度食べていただけたら…
と思います(*´ω`*)

プロフィール

hhshika

Author:hhshika
富山市堀川本郷の
ほりかわ本郷歯科クリニックです

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR