Loading…

奥歯がないと糖質過多になりやすい⁉️🦷

Posted by hhshika on 05.2020 スタッフ日記   0 comments   0 trackback
受付の福井です☻

3月に入り、桜の開花時期が発表されましたね!
今年は、3月24日と暖冬の影響ではやいみたいです🎶
お花見が楽しみですねー。🌸🍡🍶

みなさん、毎日の食事の栄養素、意識していますか❔
最近は、美味しいものが増えて、簡単に買って食べられたり、
便利なお店、モノや食べ物が増えてますよね〜😮‼︎

私も甘いものが好きで偏食になりがちなことが多々あります。
気をつけないとと思いつつも、大人になると自由にできるので、
自分の好きなものや、食べたいものを積極的に食べがちですよね…。🙄

そして、お口の中では、奥歯を失うと、肥満と病気のもとになりやすい⁉︎

奥歯を失うと食べにくくなる食材の代表格が、『肉と野菜』。
健康維持に必須なタンパク質、ビタミン、ミネラルは十分に摂れていますか?
高カロリー低栄養に陥っていませんか?

奥歯を失うと、、、
噛めないストレスを感じずに手っ取り早く満足感を得られる、軟らかい食事が好きになる。

糖質偏重食 栄養素不足 早食いの癖

肥満になりやすい
食後高血糖になりやすい
脂質異常症になりやすい
骨量が減りやすい
コラーゲン量が減りやすい
その結果、糖尿病や脳梗塞、体力低下に陥りやすくなる。


毎日の食事の栄養素、噛むことを意識してみませんか❔

私は、夕飯に必ず野菜を摂り入れる意識をしています。
生野菜や温野菜を摂り入れています。


気になることがあれば、来院時にお気軽にご相談下さい🦷


20200305233721404.jpeg


舌👅の位置 どこにありますか?

Posted by hhshika on 29.2020 スタッフ日記   0 comments   0 trackback
こんにちは😃
衛生士の村下です。

皆さん質問です。

普段 舌は どのような位置に、ありますか?

舌の先は おくちの、なかのどこに触れていますか?
上あごの天井付近でしょうか、それとも前歯でしょうか?

じつは舌には、収まるべき正しい位置があります。

2020022907465802d.jpeg


この図のgoodのように
リラックス時に舌が上あごの天井につきつつ、舌先は前歯に触れないか、触れたとしてもほんの軽く触れるくらいの位置が理想です。

ここまで読んでくださった皆様。
今1度 舌👅の位置は 何処に ありますか?

もし 違う位置にあったとしたら…

お子様であれば 歯並びに、影響する時もあります。
大人の方なら 顎関節や 歯周病にも 関連する事もあります。

心配のある方は また 来院時 聞いて下さいね。

ちなみに 今 違う位置にあった方。
正しい位置に 置く様に意識してみて下さい。

生後3ヶ月の孫に歯?

Posted by hhshika on 25.2020 スタッフ日記   0 comments   0 trackback
ごきげんよう、歯科衛生士の山田です
庭先の梅の花が咲きはじめ、少しづつ春が近づいてきていますね

ついつい、外に出たくなりますが、感染症の心配もあります
先ずは免疫力つけて、手洗い、うがいを徹底して感染症と戦っていきましょうね

さて、私事ですが、昨年の10月に初孫が生まれまして、先日娘から「歯がはえてきたけど、前歯より横からはえてきているよ」
孫のことになると説明するより、会って話をした方が早い( ̄□ ̄;)!!

「上皮真珠」でした
生まれて直ぐに確認するときもありますが、数ヶ月後から一つ、二つとみえることがあります
乳歯ができるときの組織や細胞から吸収されずに歯肉に残ったものなので心配ありません

もちろん、痛みや痒みはなくそのままにして、数週間で自然に消えますが、周辺が赤くなったら必ず受診しましょう
先ずはひと安心でした😅

孫はブクブク泡を出して遊んだり、指先をなめたり入れたりして感触を楽しんでいます

娘はこれからの虫歯や歯並びをきにしてしまいますが、口唇の力、舌のいち、
発音、食べ方等々、お口の機能についても色々なくせで正しくなされないこともあることを教えてきました☺️

授乳の角度、離乳食のスプーンの角度月例の小さいお子さん
歯がまだはえていない赤ちゃんから私たち歯科衛生士はかかわっていこうと思います

心配なことありましたらいつでもご相談してくださいませ
20200225125459265.jpg

オススメのアロマ

Posted by hhshika on 24.2020 スタッフ日記   0 comments   0 trackback
みなさん、こんにちは!
衛生士の島田です。

今年の冬は暖冬で雪をあまり降る事もなく
過ごしやすかったと思います。
気がつけばあと1週間もすると3月ですね!
3月は春が来るのが待ち遠しくもあり
生活に変化の多い時でもあります。
いつもと違った生活の中で経験する
心地よいストレスもあり心地よさをこえるストレスも…
そんな変化の季節には免疫力や自律神経系のバランスなど
身体の全体のバランスをくずしやすくなることが多くなります。

そこでアロマテラピーでできる免疫力の強化対策を紹介します!
花粉症にはユーカリ、ペパーミント、ローズマリー、ティートゥリーなど
鼻や喉の炎症に効果的です。
新生活の不安や緊張にはベルガモット、オレンジスウィートなど
柑橘系で心から元気になる効果があります。

ゆっくりと香りを嗅いで深呼吸して
免疫力を高めて、素敵な春を過ごしましょう。

正しい手洗い

Posted by hhshika on 19.2020 院長日記   0 comments   0 trackback
こんにちは!
院長の永森です。

皆様は、インフルエンザや感染症の予防としてどのような事をされていますか?

咳やくしゃみをした時のしぶきに含まれる病原体(ウイルス)を、周囲の人が
体内に取り込むことで感染が広がってしまいます。

その為、感染の広がりを予防する一つの方法として、マスクやせきエチケット
などが浮かびますが、意外と忘れがちなのが手洗いです。

何を今さらと思った人もいるかもしれませんが、手洗いには「正しいやり方」が
あるのをご存知でしょうか。

ウイルスは石けんに弱いため、次の正しい方法で石けんを使い、
手洗いをするように心がけましょう

20200217

ドアノブや電車のつり革など様々なもの に触れることにより、 自分の手にも
ウイルスが付着している可能性があります。

外出先から帰宅時や調理の前後、食事前などこまめに手を洗い、皆様も
予防を心がけましょう。

プロフィール

hhshika

Author:hhshika
富山市堀川本郷の
ほりかわ本郷歯科クリニックです

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR