ほりかわ本郷歯科クリニックブログ

冷房病

2020/09/07
スタッフ日記 0
みなさん、こんにちは!
衛生士の島田です。

9月になったというのに暑い日が続きますが
熱中症対策はされてますか?
水分補給をしたりと気をつけておられる方も多いかと思います。
熱中症だけでなく、冷房病についても知っておく必要があります。

冷房病とは、
私たちの体は、夏になると体内での発熱を抑制し、さらに熱を逃がしやすい体質に変化します。
毛細血管を広げ放熱しやすくし、汗をかいて体温を下げようとします。しかし、その夏の体質のため、
冷房の効いた室内にいても、血管が縮みにくいため体内の熱が逃げすぎて「冷え」たり、
外出先との激しい温度差によって自律神経のバランスが崩れています。
自律神経は体温調節や発汗などのコントロールをしていますので、
バランスが崩れると「冷え」に対しての抵抗力が弱くなってしまいます。
足腰の冷え、だるさ、肩こり、頭痛、食欲不振、神経痛、下痢、不眠など・・・
「冷え」によって起こる様々な症状が冷房病と言われるものです。

冷房病の対策は、


エアコンの使い方もふくめて、服装や食事、運動など、毎日の生活習慣と深いかかわりがあります。
予防や対策のために、まず自分の生活を見直してみましょう。
また、自律神経を正常にするためにも、睡眠もしっかりとりましょう。
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.