ほりかわ本郷歯科クリニックブログ

熱中症対策

2020/06/22
スタッフ日記 0
20200622100710df8.jpeg

みなさん、お久しぶりです。
衛生士の島田です。

早いものでもう6月も後半に入りました。
今年の梅雨はマスクを着けて過ごすという今までにない
過ごし方となっております。
新型コロナウイルス感染予防対策でマスクをつけて過ごす機会が
増えてきてます。
マスクを着けることによる暑さ、水分補給の減少で
熱中症になるリスクが高まります。
熱中症にならないようにするためにも水分補給
また、マスクを口・鼻から少し離して深呼吸するように
しましょう。

熱中症の症状と対処法
・軽度 めまい、立ちくらみ、筋肉痛、大量の汗、こむら返りなど
    涼しい場所へ避難し、衣服を緩め体を冷やす
    水分・塩分を補給

・中度 頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感、力が入らないなど
    軽度の対処に加え、足を高くし水や氷で体を冷やす

・重度 意識が無くなる、けいれん発作など
    すぐに救急車を呼び、涼しい場所で体を冷やす


熱中症は室内でも多く発生しているようです。
喉の渇きを自覚して注意して過ごしましょう。
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.