Loading…

歯ぎしりの被害。🦷

Posted by hhshika on 03.2020 スタッフ日記   0 comments   0 trackback

こんにちは、受付福井です。

寒い日が続いておりますが、中々雪は、降り積もりませんね、
少し寂しい気持ちもありますが、やっぱりありがたいですね🙂

みなさん、就寝時の歯ぎしりや、仕事中など、集中しているときに食いしばっていたりしませんか?
朝起きたときにあごが疲れていると感じたことないですか?

私も最近自分が時々歯ぎしりしていることに気づき、悩まされているので、歯ぎしりについてお伝えしますね!

歯ぎしりってなんで起こるのかな❔
就寝中の歯ぎしりは、日中に受けたストレスを睡眠中に発散して、脳と体の健康を保つためのとても大切な行動。
でもなかには、強い力で歯を削ったり、揺さぶったりして重大なトラブルを起こす歯ぎしりもあり、油断大敵なんです。


全ての歯ぎしりが悪者ではありません。
歯ぎしりは、私たちにとって大切なストレスコントロール機能なんです。
ストレスで病気にならないように私たちを守ってくれています。
ところが、歯ぎしりのなかには、歯に過剰な負担をかけてしまう『悪い歯ぎしり』があります。
これが歯を傷めてしまう原因の1つなんです。

歯ぎしりをすることによって、
⚫︎歯がすり減る。
⚫︎歯にヒビが入る。
⚫︎歯が欠ける。知覚過敏の原因に…。
⚫︎詰め物がとれる。
⚫︎歯が割れてしまう。
⚫︎被せ物が割れる。 などなど、、、

詰め物がよくとれていませんか?
知覚過敏を起こしていませんか?
歯がすり減ったり、欠けていませんか?
朝起きるとあごが疲れていませんか?

思い当たることがあったらすぐに歯科医院に受診を!

まずは、快眠できるように、歯ぎしりを減らす生活習慣を心がけましょう❗️
⚫︎寝床でスマホいじりは、やめましょう
⚫︎気持ち良く眠れる快適な寝具を取り入れる
⚫︎飲酒は、ほどほどに
⚫︎ぬるめの湯船にゆったりと浸かる

就寝前に、歯ぎしりをしないように意識して、気持ちよ〜く眠っている自分をイメージして
眠りにつくこともとても効果的です。まずは、内面から意識していくと良いみたいですよ!

歯科医院では、噛み合わせの調整、マウスピースを取り入れるなどの処置をすることがあります。
気になる方は、担当の衛生士さんや先生に一度ご相談下さい☻

20200203205918c9f.jpeg

スポンサーサイト




  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://hhshika.blog.fc2.com/tb.php/682-ecda61d2

プロフィール

hhshika

Author:hhshika
富山市堀川本郷の
ほりかわ本郷歯科クリニックです

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR