Loading…

春ですね〜🌸

Posted by hhshika on 16.2019 スタッフ日記   0 comments   0 trackback
みなさん、こんにちは!
衛生士の島田です。

4月も半ばに入りました。
4月に入って雪がふったのにはビックリでしたね!
春とはいえ、まだ朝晩と冷え込んで日中との気温差が激しいです。
体調に気をつけて過ごしたいものです。
この時期は、
寒い冬から南風の影響でふわふわと落ち着かなかったり、イライラしたりして
自律神経が不安定になりやすくなります。また、目の乾燥やけいれん、足がつったり
アレルギーも出やすいです。
そこで、オススメの食養生をご紹介したいと思います!
クコの実、セロリ、山芋、苺、黒豆、春菊、あさり、蕎麦など。
毎日の食事に取り入れて、食物の素晴らしいパワーと体からの声と
マッチングさせて、食べることで健康を維持させてみてはいかがでしょうか!
スポンサーサイト

6歳臼歯って 知ってますか?

Posted by hhshika on 08.2019 スタッフ日記   0 comments   0 trackback
おはようございます。

衛生士 村下です。
4月を 迎え 新しい生活を スタートされた方も
沢山いらっしゃる事でしょう。
皆様 おめでとうございます。

20190408083116773.jpeg


4月がはじまり
今朝も ピカピカの一年生が 元気に 登校している姿
とても 新鮮でした。

皆様、ピカピカの一年生になる頃に 生えてくる
6歳臼歯って
ご存知ですか?

6歳、一年生になる頃に生えてくる第一大臼歯の事を
6歳臼歯と 呼びます。

この歯は 食べ物を 噛みすり潰しきちんと飲み込むなどの食事をとるという仕事の他に、
将来の歯並びなどを決めるなどなどの
役割が あります。

生え始めの永久歯は、歯の表面がまだ柔らかく 溝が 多く複雑な為、磨きにくいので虫歯に、なりやすい状態なのです。

6歳臼歯は 乳歯の奥から そっと生えてきますので、
仕上げ磨きの時 少し 注意して見てあげて下さいね!

大切な6歳臼歯を 守る方法の 提案や お手伝いを しますので また ご相談 おまちしてます(o^^o)

Posted by hhshika on 07.2019 スタッフ日記   0 comments   0 trackback
こんにちは。
歯科医師の竹鼻です。



今年は4月に入っても雪が降りましたが、次第に桜が満開を迎え、ようやく暖かい春が始まりそうですね。
お花見に行った方も多いのでは。
私も今年は久しぶりにゆっくり桜を眺めてきました。

桜といっても品種は様々、600以上もあるそうです。
私もいくつかの花の形を見比べたり、可愛いピンクの色味の違いに癒されながら、桜を楽しみました!

この満開の桜があっという間に散ってしまうのは寂しいですが、春の風物詩をしっかり満喫できて良かったです。

20190407221212781.jpg

新しく仲間入り!

Posted by hhshika on 07.2019 スタッフ日記   0 comments   0 trackback


こんにちは!歯科衛生士の寺林です!



皆さんは、普段から「デンタルフロス」を使用していますか?





写真はハブラシだけで歯をみがいたあとの歯の歯垢を染め出したものです。 良くみがいたつもりでも、歯と歯の間に歯垢が残っています。

歯と歯の間はハブラシの毛先が届きにくいので、むし歯や歯周病の原因となる歯垢を残さず落とすにはハブラシだけでは不十分!

そのため、デンタルフロスの「使用」は欠かせないのです。

デンタルフロスをうまく使えずに続かない方も多いと思います。そんな方にもデンタルフロスを使っていただきたいと思い、新しいデンタルフロスを取り入れることにしました!



20190407145731a7e.jpg


今回、新しく仲間入りしたY字フロスは、ホルダータイプなので奥歯でも操作しやすく、
フロスの使用が習慣づけるよう工夫されています!


デンタルフロス使いたいけどやりにくいなぁ〜と
感じられている方がいらっしゃいましたら、ぜひスタッフまで♪



少しでも毎日のセルフケアが楽しくなるよう一緒に考えていきましょう!




赤ちゃんの小さな歯を守る🦷✨

Posted by hhshika on 04.2019 スタッフ日記   0 comments   0 trackback
みなさんこんにちは☻
あいかわらず寒暖差は、激しいですが、
富山も桜が咲きはじめてますね🌸♫

今週末は、晴れみたいです☀️
みなさん、お花見日和です!
ぜひ、おのおのの富山のお花見スポットへ

さて、赤ちゃんのむし歯予防❗️
3大ポイント知ってますか❔
①むし歯の感染を減らす。
②歯みがきでむし歯菌を追い出す。
③歯をフッ素で丈夫にする。

※この3つがポイントです。

①むし歯の感染を減らす。について、
生まれてきた赤ちゃんのお口の中には、むし歯菌がいません。
むし歯は、周囲の人からもらったむし歯菌によって起こります。
成長過程で、誰しも感染しますが、なるべく感染を軽減すると、
お口の中のむし歯菌のコントロールがラクちんになります。

ママ、パパのお口の中は、大丈夫❔

スキンシップを制限するよりも、
1番身近な存在であるママ、パパがむし歯予防をする。
日々の歯みがきの徹底を意識すること。

特にママさん、おっぱいや離乳食を与える前にうがいをすること。
唾液に含まれる細菌を約75%軽減できるそうです。
さらに、歯みがきをすると約90%軽減されるそうです。

可愛い我が子の大切な歯を守っていってあげたいですよね!

ママ、パパのお口からむし歯菌がダダ漏れしたいたら悲しいですよね😭
はじめての歯が生える前に、ご両親のお口のクリーニングをはじめましょう!


次回は、②歯みがきでむし歯菌を追い出す。
について更新しまーす。お楽しみに、、、👋🏻

受付福井でした〜。

201904042111163c8.jpeg

プロフィール

hhshika

Author:hhshika
富山市堀川本郷の
ほりかわ本郷歯科クリニックです

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR