Loading…

デンタルショー

Posted by hhshika on 25.2019 スタッフ日記   0 comments   0 trackback
こんにちは😃

衛生士の 村下です。
先日 デンタルショーへ行ってきました。

毎回ながら 新しい機械を 見たり
今、使っているケア用品についての確認を させて頂いたりと 参加するたびに 頭の中がリフレッシュします。

今回は 滋賀県から来て頂いた 種田祐子 衛生士さんの 歯周治療とメインテナンスの秘訣 と題した
お話も 聞いてきました。

人生100年時代、 ご自身の歯で 美味しく お食事して頂けるよう サポートしていく 大切さを 痛感しました。
美味しく お食事して頂ける 環境を提供できるよう サポートすべき メインテナンス を 頑張っていきます。皆さん 一緒に 頑張っていきましょうね!

今週のお花です。

20190825212105c67.jpeg
スポンサーサイト



夏休み

Posted by hhshika on 18.2019 スタッフ日記   0 comments   0 trackback
みなさん、こんにちは!
衛生士の島田です。

8月も半ばを過ぎたのに
まだまだ暑い日が続いてます。
子供達はあと2週間で夏休みも終わりですね。

島田はお盆休みに福地温泉に行ってきました!
『山里のいおり 草円』
とても風情があるお宿で
お食事処には囲炉裏、温泉は全て泉質が違う3つのお風呂
美味しいお料理と温泉で心身共にとても癒されました!
おススメの季節は紅葉の秋とうかがいました。


みなさんの夏休みのお話も是非聞かせてくださいね!

立秋

Posted by hhshika on 08.2019 スタッフ日記   0 comments   0 trackback
こんにちは。
歯科医師の竹鼻です。



今日8月8日は立秋です。
立秋とは夏から秋に変わり始める日という意味で、暦の上では立秋が暑さの頂点とされ、翌日からの暑さは残暑といいます。
でもまだまだ暑い日が続いていて、秋に近付いている実感はあまり無いですよね…夏バテしてる方も多いのでは。
立秋に特別な事をする風習は無いようですが、暑さが厳しい時期なので、今が旬の物を食べて栄養をしっかりとって、夏を乗り切っていきましょう!



また、当院は8月11日(日)~8月15日(木)まで休診とさせていただきます。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。


2019080820075566d.jpg

赤い、、、❤️お祝い

Posted by hhshika on 04.2019 スタッフ日記   0 comments   0 trackback

こんちには!歯科衛生士の寺林です!

先日、山田さんのお誕生日のお祝いをしました!





なんと今年でなんと60歳!まだまだ若々しいです!!

これまでの長寿を祝い、これからの健康を願う、還暦祝い。
私は初めて体験しました。

人生の節目の年である、還暦のお祝いは昔から生まれた年の干支に戻ることから“赤いちゃんちゃんこ”“座布団”など「赤ちゃんに還る」ことにかけたものが贈られていたそうです。

また、赤は魔よけの色 ということから、赤い色のものを家族や親戚が贈り、益々元気に過ごせますように、という願い風習もあったそうです。

記念に残るプレゼントをと思い、
山田さんの好物の赤い食べ物でちゃんちゃんこを作りました!!

20190804094058b09.jpeg


とってもお似合いですね☺️☺️


ほりかわ本郷ファミリーからの色紙には、山田さんの大好きな貴一さんが、、、、😍😍

60歳を迎えてもまだまだ止まらない山田さんに必死についていこうと思います!
これからも、よろしくお願いします。

ぜひ、皆様もお祝いの言葉をかけて差し上げてください❤️


抜歯が必要なのはいったいどんなとき?🦷

Posted by hhshika on 30.2019 スタッフ日記   0 comments   0 trackback
抜歯をするのは、歯科医師にとっても気が重いもの。
それでもあえてご提案するのは、『抜くことによって患者さんを守る』
という明確な目的があるからなのです。

理由その1
むし歯や歯周病で、治療するには手遅れ。
⚫︎歯のなかにたまった膿が周りの骨にもおよび、
根っこを掃除したり手術をしても救えない重篤なむし歯。
歯を支える骨が修復不可能なほど壊れている。
⚫︎重篤な歯周病になった歯。

理由その2
隣の歯や周りの骨に悪影響がある。
⚫︎その歯を残すと、周りの歯や骨に悪影響があるとき。
横向きに隣の歯を押す親知らずや、大きく縦に割れた歯などは、
そのままにしておくと被害が周囲に拡大してしまいます。

理由その3
炎症の根本原因を除去するために。
⚫︎むし歯や歯周病の炎症が原因で、口やあごの骨、
さらには全身に影響がおよぶとき。治療しても繰り返し腫れる場合などに、
炎症の原因を取り去るための最終手段として行います。

理由その4
矯正や入れ歯などの治療のために。
⚫︎矯正、入れ歯や被せ物、インプラントなど、ご希望の治療の結果がより安定し、
良い状態が長くもつように戦略的に行います。慎重に治療計画を検討したうえで選択します。

理由その5
粘膜を傷つけないために。
⚫︎噛んで食べようとする粘膜にあたり痛くて噛まないようなときや、粘膜にあたり痛くて
噛めないようなときや、粘膜にできた悪性腫瘍とこすれて刺激してしまうような場合、
抜いてケガや刺激の繰り返しを防止します。

主に、このようなときに、抜歯の治療を行うことになります。
次回は、抜歯前の注意事項、抜歯後の注意点についてお伝えします。

受付の福井でした☻

20190730214045a8d.jpeg


プロフィール

hhshika

Author:hhshika
富山市堀川本郷の
ほりかわ本郷歯科クリニックです

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR